子育て

後悔しないランドセル選びのために我が家がやったラン活をご紹介

今回は、来年小学校に入学する娘のいわゆるラン活(ランドセル活動)についてご紹介します。

我が家のラン活の始まり

一般的にラン活の流れは、年中の12〜1月頃にカタログを請求し、3〜4月頃に展示会等へ行き、5〜8月にランドセルを購入する人が多いみたいです。

我が家のラン活は、3月に工房系メーカーにカタログ請求をしたところから始まりました。早速カタログを見てみたところ、ランドセル自体はしっかりしているものが多いという印象を受けましたが、これが絶対ほしい!と思うほど気に入ったランドセルは見つかりませんでした。

その後は、大型ショッピングセンターのランドセル売り場も見てみました。可愛いランドセルはあるものの、すごく気に入ったランドセルは見つかりませんでした。

4月に入り、別件で伊勢丹に行く機会があり、ランドセルカタログを貰ってきました。そのカタログを見て、娘がメゾピアノのプランセスリボンという伊勢丹オリジナルのランドセルを気に入りました。ミント色にピンクのリボンが付いているもので、私もとても気に入り、伊勢丹のランドセル展示会へ実物を見に行くことになりました。

伊勢丹のランドセル展示会には、十数社のメーカーのランドセルが展示されていました。

お目当てのメゾピアノのランドセルを見てみたところ、可愛いのですが、カタログの色より濃いミント色で、想像していた色とは少し違っていました。また、重さが他のランドセルとそれほど変わらないのですが、なぜか少し重めに感じられたり、リボンの部分が取れてしまうのではないかという心配や、素材感があまり好みではなく、購入を見送ることになりました。色や素材感はやはり実物をみてみないと分からないっ!!と実感しました。

会場に数ある中で気にいったのが、ミキハウスのランドセルでした。赤に近い濃いめのピンク色で、軽く感じられ、お値段は高いですがとても使いやすそうでした。展示会に行く前は赤は全く考えていなかったのですが、この時点ではミキハウスのランドセルが第一候補となりました。

運命のランドセルとの出会い

伊勢丹のランドセル展示会を後にし、ついでに近くの高島屋のランドセルも見てみることにしました。高島屋のランドセル売り場は、伊勢丹に比べるとかなり数が少なかったです。そのため、あまり期待はできないかなと思ったのですが、運命のランドセルに出会いました。

そのランドセルは、ポール&ジョーのクリザンテームフレンチリボン、という今年の新作ランドセル。ネイルピンクというミルキーなベビーピンク色にベージュのパイピングとリボンの飾り、裏地は花柄、サイドにはお花の刺繍と、とても可愛いデザインで、娘も私も、そしてパパも!気に入りました。可愛いだけでなく、肩ベルトも長さの調整ができるだけでなく、内側から外側に幅も調整できるようになっていて、コートを着る冬は幅を広げたりもでき、使いやすそうなところも気に入りました。

娘はポール&ジョーのお気に入りのワンピースを持っていたこともあり、このランドセルもとても気に入ったみたいです。そして、ちょうど同じタイミングでこのランドセルを試しに背負っている子がいたのですが、客観的に見てもこのランドセルは可愛いかったです。第1候補はミキハウスからポール&ジョーに変わり、その日はカタログを貰って帰りました。

ランドセルはネットから注文することもできましたが、一生に一度の記念の買物なので、やはりもう一度実際に見て納得してから購入することにしました。

数日経ち、今度はもう少し家から近い高島屋に行きました。こちらの店舗もランドセルの数は少なめだったのですが、お目当てのポール&ジョーのランドセルは置いてありました。娘も改めてこのランドセルを背負い、やっぱりこのランドセルが欲しい!と言い、購入を決意しました。

ランドセルの配送は来年1月頭になるそうです。ようやく我が家のラン活も終わり、結果的には親子ともに気に入ったランドセルが見つかって良かったです。

今年は淡いミルキーカラーのランドセルがたくさん出ていて、淡いミント色などもとても可愛く人気があるようです。娘が気に入らなかったので候補にはなりませんでしたが、ケイトスペードの伊勢丹限定のピンク色ランドセルもとても可愛かったです。

ランドセル選びで実感したことは、カタログやネットの画像だけでなく実物をみることが大切ということです。素材感や色、背負ったときの重みなど、実際にみてみないと分からないことも多いです。みなさんも忙しくてもぜひ会場に足を運んで、気に入ったランドセルを試して、後悔しないランドセル選びをしてくださいね。